USED TOY STORY 仁ドグマ

初めまして。USEDホビー大好き、買い物中毒仁ドグマです。ミリタリー系、ガンダム系、鉄道模型、ミニカーを中心に仁ドグマのお買い物した品々(USED TOY)を紹介していきたいと思います。たまにプラモつくります。ある意味日々の日記です。

マイクロエース シルフィード DE10 Nゲージ 1500円

f:id:zindoguma-hobby:20190521220602j:plain

 ジャンク品で購入したNゲージ。マイクロエースのDE10です。「シルフィード」のセット商品だと思うのですが、単体で売られていました。もちろん動力車ですよね。

f:id:zindoguma-hobby:20190521220609j:plain

 DE10は仁ドグマの一番大好きな車両なんです。ディーゼル機関車でベスト1,すべての機関車の中でベスト1、もっと言うと「鉄道」というジャンルの中で、仁ドグマが一番好きな車両であります。なので「ジャンク品」で不動車であろうと、ライトが点灯しなかろうと、店頭に並んでいれば買わなければいけないのです。(汗)

f:id:zindoguma-hobby:20190521220614j:plain

 1端側(長い方)から。DE10はDD51のエンジンをパワーアップして1機、1端側に搭載しています。ちなみにDD51はエンジンを2機搭載しています。1端側の上面にある円形の金網に囲まれたファン、たまりませんね。2端側はSG(暖房用蒸気発生装置)を搭載しています。

f:id:zindoguma-hobby:20190521220617j:plain

 1端側正面から。「シルフィード」のマークが見えます。「シルフィード」はJR東日本ジョイフルトレインで、平成2年から30年まで運行されました。非電化区間の牽引用にDE10の1701号が専用色に塗装されました。

f:id:zindoguma-hobby:20190521220621j:plain

 横から見たDE10。うーん、マンダム(意味不明)。DE10はNゲージで結構持っています。なにせDE10だけは、程度や値段に関係なく見境無しに買っちゃうので。また今度ご紹介しますね。

f:id:zindoguma-hobby:20190521220625j:plain

 運転室内部は仁ドグマの持っている他の2社のDE10と比較して、非常によくできていると思います。ですが、やはりここはHOゲージのDE10が欲しいですね。なにせNゲージとは比較にならないクオリティーだと思っているので。(勝手な想像)

f:id:zindoguma-hobby:20190521220630j:plain

 やはりDE10は2端側(短い方)が好きですね。Nゲージでも、いつも2端側を先頭にして走らせています。何でって?だって仁ドグマの装甲するDE10のイメージって2端側が先頭なんだもん。皆さんもそう思いません?やっぱり短い方が運転しやすいからなのかな?

ワールドウイングスミュージアム 2edスコードロン マクダネルダグラス F4EJ改ファントムⅡ 1/200 200円 

f:id:zindoguma-hobby:20190519165652j:plain

 ワールドウイングスミュージアムの第2弾、F4ファントムです。箱なしブリスターなし、説明書なしで1機200円でした。サイズは1/200です。2004年発売で今はどこにも売っていません。時期を逃すと二度と買えない。食玩はそういうもの。1つ200円は安いと思います。もちろん箱や説明書つきを求めるコレクター様にとっては1つでも欠品があると興味がないと思います。でもジャンクマン仁ドグマは、十分なんです。

f:id:zindoguma-hobby:20190519165655j:plain

 横から。やっぱりファントムⅡは格好いいです。最高です。新谷かおる先生の「ファントム無頼」を見ていたからか、やはり自衛隊はファントムなんです。(最近はバイパーゼロことF2が好き♥)

f:id:zindoguma-hobby:20190519165659j:plain

 このF4ファントムⅡは、自衛隊がアップデートしたF4EJ改ファントムⅡです。迷彩は仁ドグマの大好きな洋上迷彩。マークはクロヒョウ。つまり第8飛行隊ですね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519165702j:plain

 AAMを2×2で4発携行しています。胴体中心線上にはドロップタンクが1本。着陸状態です。このシリーズは着陸状態と飛行状態と2種類あります。この第8飛行隊のEJ改は着陸状態。飛行状態の機は台座が付属します。着陸状態好きの仁どぐまです。

f:id:zindoguma-hobby:20190519165706j:plain

 いやー、最高です。ファントムの洋上迷彩。これでサイズが1/144なら言うことないのですが。いかに置き場所に困っている仁ドグマでも1/200はちょっと・・。でも貴重な品が200円で手に入ったのだからよしとしましょう。

f:id:zindoguma-hobby:20190519165709j:plain

 後ろから。ファントムⅡはやはりE型が好きですね。自衛隊もE型のジャパニーズバージョンEJ型を装備しています。E型はミサイル万能主義でベトナム戦争で痛い目を見たアメリカが「やっぱ固定武装いるっしょ。」って機首に20mmバルカン砲装備させたもの。それまでのファントムⅡは固定武装なしでございます。

f:id:zindoguma-hobby:20190519165713j:plain

 実はファントムⅡで一番好きなのは、F4Gです。ワイルド・ウィーゼルです。湾岸戦争で防空制圧任務に使用されました。ぜひググってください。シブいですよ。ま、2番目に好きなのはこの洋上迷彩のF4EJ改ですけど。ちなみにワイルド・ウィーゼルの任務は今はF16がやってます。(F16も仁ドグマは大好きなのだった)

f:id:zindoguma-hobby:20190519165717j:plain

 ということで、仁ドグマの大好物、洋上迷彩が大集合です。いずれ紹介する1つ100円のF2バイパーゼロです。F2はF16をもとにつくられたので、大好き。さらに基本洋上迷彩だし、ある意味仁ドグマのどストライクなんです。洋上迷彩よ、永遠なれ。

 

タミヤ  1/48 プラモデル ドイツⅥ号重戦車 ティーガーⅡ 1000円

f:id:zindoguma-hobby:20190519140318j:plain

 タミヤミリタリーミニチュアシリーズの1/48のプラモデルです。最近仁ドグマの近所の某リサイクルショップでは、中古プラモが高騰しておりますが、皆様のまわりはどうですか?このプラモは古きよき時代(今から数年前)にリサイクルショップで買いました。

f:id:zindoguma-hobby:20190519140321j:plain

 ティーガーⅡ、キングタイガー、ケーニヒスティーゲル、皆さんは何派?まぁ言い方はなんでもいいんですよね。どの言い方でも伝わります。「最強」ってね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519140326j:plain

 やっぱりティーガーⅡはかっちょええですね。前面装甲砲塔で180mm、車体で150mm、主砲71口径88mm砲、動く城ですね。重量は約70tあります。チハたんは15tで装甲は25mm。ティーガーⅡ1台でチハたん4台以上の重量があります。防御力は6,7倍?まぁ、チハたん1個大隊て戦っても多分勝てないと思いますが・・・。(泣)

f:id:zindoguma-hobby:20190519140329j:plain

 ティーガーⅡと言えば、松本零士先生の「戦場漫画シリーズ」の「ラインの虎」を思い出します。幼き頃、古本屋で100円で購入した戦場漫画シリーズの1冊に掲載されていました。また読みたいなぁ。今度ア●ゾンで探してみましょう。

f:id:zindoguma-hobby:20190519140333j:plain

 横から。スカートはわざと部分的に外して戦闘による脱落を表現。よく4号戦車のシュルツェンも戦闘で取れちゃってますもんね。エアブラシでの塗装、格好いいですね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519140340j:plain

 ティーガーⅡはやっぱりヘンシェル砲塔が格好いいですね。無骨で。ポルシェ砲塔も優雅でいいのですが、防御力、ショットトラップがあるという点でヘンシェル砲塔に軍配があがりますね。そういや昔プラモで「キングタイガー」、「ロイヤルタイガー」と分けて売られてましたね。ヘンシェル砲塔がキングタイガー、ポルシェ砲塔がロイヤルタイガーです。「ロイヤルタイガー」って名前も「ロンメル」みたいにメーカーが適当につけた名前かなと最近まで思っていました。でもイギリス軍はティーガーⅡのことをすべて「ロイヤルティーガー」と呼んだらしいです。

f:id:zindoguma-hobby:20190519140344j:plain

 後ろから。エスケープハッチがありますね。後ろでも砲塔の装甲は80mmもあります。(側面も80mm)すごい重装甲。そりゃ70tあるでしょ。しかもエンジンはパンターと同じエンジン。パワーウエイトレシオはティーガーⅠより低いです。つまり鈍重。エンジンを全開にふかさないと動かないらしいです。なのでオーバーヒートが連発。

f:id:zindoguma-hobby:20190519140347j:plain

 バルジの戦いでは、バイパー戦闘団の一員として活躍しましたね。でも仁ドグマにとってバルジの戦いのキングタイガーと言えば、「M47パットン」なのですね。理由は・・。映画「バルジ大作戦」を見てください。

f:id:zindoguma-hobby:20190519140355j:plain

 この角度から見たティーガーⅡ、渋すぎません?ちょー格好よいです。こんな戦車を開発・量産しちゃうんだから、やはりドイツの科学力は、世界一イイイーーーーッ!!

f:id:zindoguma-hobby:20190519140357j:plain

  1/35のタミヤのキングタイガーは昔よくつくりましたね。3000円のリモコン戦車。3台つくりました。今は1/48、いやもっと小さい1/144でも十分です。だって大きいんだもん。収納場所に困ります。

京商 オートスケールコレクション ユニシア ジェックス スカイライン R32 GTーR 1000円

f:id:zindoguma-hobby:20190519133722j:plain

 こんにちは、仁ドグマです。1000円で購入したR32GTRです。グループAでので戦ったユニシアジェックスのマシンです。グループAと言えばブルーのカルソニックスカイラインリーボックスカイラインなんか有名ですよね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133727j:plain

 スケールはよく分かりませんが、全長約17cmってとこでしょうか。経年劣化による白色の退色が見られますが、「安かろう悪かろう」オッケーの仁ドグマは全然平気ですね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133734j:plain

 フロントグリル、バンパーのブタ鼻(ダクト)、うーん、シビれます。細かいところまでかなり精密ですね。ライトとかインタークーラーとかリアルでワクワクします。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133737j:plain

 見えますか、前後タイヤ周辺のブリュスターフェンダー。前から見ると、ボンッ、キュッ、ボンッのグラマラスなボディ。普通の32とはボディが違います。もちろんエンジンはRB26DETT。ノーマル2600ccで280馬力ですよ。これにアテーサもついてるし、ツインターボ、最強ですよね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133744j:plain

 実は以前もお話しましたが、仁ドグマもリアルGTR乗ってました。ガンメタの平成3年式前期型走行6万キロを230万円で購入。マフラー、エアクリにはじまり、車高調、ブーストコントローラー、パイピング、オイルクーラー、トラクションコントローラー、スポーツコンピューターと一通りチューニング。走り屋さんを気取っていた時期がありました。いろんな事情で手放してしまったのですが、もう二度と乗れないでしょうね。今の32GTRの値段、ヤバイですよね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133752j:plain

 リアウインドゥにまるい小さな穴が。おそらくラジコンのアンテナを通すためのものではないかと推測しますがどうでしょうか。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133800j:plain

 後ろから。格好いいし、なつかしい。4つ目のテールランプ、意外と大きいトランク、本当に感無量。そういや、昔峠に行くとよく見かけた32や33のスカイラインの走り屋さん(モノホンの方々)の4つ目のテールランプがくるくる回って光っていたり、チカチカ点灯したりしていたのを思い出しました。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133809j:plain

 当時、レカロのセミバケにするか、ブリッドのフルバケにするかバケットシートの選択に悩みました。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133821j:plain

 本当にすばらしい名車、R32GTR。思い出の車です。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133826j:plain

 以前ご紹介したミニカーのGTRと。こう並べると大きさが全然違いますね。どちらかと言えば、私はグループAの派手派手しい塗装より、市販車の方が好きです。

f:id:zindoguma-hobby:20190519133832j:plain

 裏面。前輪と前輪の間にスイッチの入る穴が。後輪はシャシーから独立しており、上下にスイングします。中はがらんどう。やはりラジコンべースなのかな?こんなリアルなラジコンなら、言うことなしですね。走らせたいな。

 

ジェネラル・ダイナミクス(現ロッキード・マーティン) F16C ファイティング・ファルコン アメリカ空軍  1/100 ダイキャスト製スケールモデル 300円

f:id:zindoguma-hobby:20190519125548j:plain

 ども。皆さんおはようございます。ジャンクマン仁ドグマです。今回は某リサイクルショップで見つけた未開封ブリスターに入っていたF16Cです。スケールは1/100、ダイキャスト製スケールモデルです。F16って格好いいですね。第4世代戦闘機の中では一番好きかもです。トムキャットやイーグルより好き。なので自衛隊でもイーグル派ではなく、バイパーゼロ派です。とにかく売れに売れて、世界20カ国以上で使われています。4500機以上生産され、アメリカ空軍向けの機体は生産が終了していますが、海外ユーザー向けに今も開発・生産が続いているそうです。あの偉大なF4ファントムの生産機数を超える可能性もありますね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519125551j:plain

 横から。F15イーグルが高すぎて数がそろえられないということで、ハイ・ロー・ミックス計画で生まれたのが、F16です。翼と胴体を一体成形したブレンデッドウイングボディ、コンピュータで機体を制御するフライ・バイ・ワイヤといった新技術をふんだんに取り入れています。

f:id:zindoguma-hobby:20190519125554j:plain

左の翼はアムラームがついています。ということは、アムラームが運用できるようになったF16Cのブロック30/32Bですかね。アムラームはいいですね。スパローと形は似ていますが打ちっ放しだから。自衛隊も採用すればいいですね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519125613j:plain

 後ろから。F110エンジンのブロック30か、F100エンジンのブロック32かは、この状態では仁ドグマには分かりませんね。

f:id:zindoguma-hobby:20190519125617j:plain

 機首のピトー管は折れちゃいました。ほんとジャンクマンな仁ドグマです。

f:id:zindoguma-hobby:20190519125621j:plain

 パイロンが装備品で満艦飾ですね。ドロップタンク、レーザー誘導爆弾、サイドワインダー、アムラーム(右翼端はサイドワインダー)です。

f:id:zindoguma-hobby:20190519125625j:plain

 わしのマークが格好いいですね。多分●正製薬をリスペクトしたのではないですか。(嘘です)

 F16と言えば、幼き頃ハセガワの1/72のF16Cをよく作りましたね。昔から好きなので何回も買って作りました。当時のことなので、せいぜい筆塗り。「飾る」より、「さわって遊ぶ」を意識して作っていました。グランドクルーセットや武器セットなども当時は250円(300円?)だったかな?安かったのでよく買ってエリア88ごっこをやりましたね。ちなみに原作のエリア88にファイティングファルコンは出てこなかったような。ただ昔見たOVAで「フェニックス・チャーリー」が乗っていたと思います。

 あとは、マイケルダグラス主演の映画「ナイルの宝石」を見て、複座型のF16が好きになり、奮発して1/48のF16Dを買いました。懐かしいなぁ。